>

スマートフォンの利用にはかかせない充電

ケーブルの問題

考えられる1つとして、充電ケーブルの故障で接続不良を起こしているかもしれません。
毎日、つないだり、はずしたりを繰り返すケーブルは、内部で断線を発生していることもあり、意外と劣化しやすいものです。

ケーブル不良かどうかの確認方法としては、端子の根元がポイントなので、充電するときは根元部分をまっすぐにし固定しましょう。
この方法を試したとき、一瞬でも充電されたことがわかったら、ほぼケーブル不良が原因だったということになります。
安価なケーブルもありますが、粗悪品もたくさん売られています。
もし、純正以外を使用していて、急に充電ができなくなったという場合でしたら、純正のケーブル・アダプタを試してみてください。

本体の故障・バッテリーの寿命

ソフトウエアのトラブルが発生して、充電機能がフリーズしている可能性もあるので、まずはスマートフォンを再起動してみましょう。
また、電源を切った状態で充電できるかも試してみましょう。
次は、充電ケーブルとの接続部分を確認しましょう。
ゴミやホコリが詰まっていて充電できないこともありますので、ごみを吹き飛ばしましょう。
もし、バッテリーを取り外せる場合でしたら、バッテリーとの接続部分を綿棒や、柔らかい布などでカラ拭きしてください。
他の要因としては、バッテリーが寿命をむかえた可能性があるということです。
長年使用してきたスマートフォンの原因の1つが、バッテリーの経年劣化です。
バッテリーの劣化によって、突然充電できなくなることは、めったにないです。
劣化の場合は、徐々に、バッテリーの稼働時間が減少していくようになります。
最近のスマートフォンは基本バッテリーの取り外しができないので修理に出す形になります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る